MacbookProをAirMacの代わりにしてiPhone3GSでWi-Fiしてみました

Facebook

Facebook

ここでも以前ちょっと触れたけど、最近になってやっとFacebookを始めた。
Mixiにあまりハマらなかった事もあり、しかもプライバシーに割と多く触れると言う事は知っていたので食わず嫌いで敬遠していたのだが、最近周囲に勧められる事が多くなり結局始める事になった。

初めて見ると、意外なつながりで長い間お目にかかれていない人と連絡がついたりしている。
そういった方々と会話のやり取りを出来るのは、なんと言ってもやはり楽しい。

話変わって、これもここで少し触れているがN-Studioはスタジオの引っ越しをしている真っ最中だ。
何しろ7年間広さに任せて適当に使っていたので、狭くなる新スタジオに持ってゆく荷物の選別だけでも大変で、処分する物の多さに辟易している。

ほとんど必要な荷物は新スタジオで既に稼働しているのだが、困るのが旧スタジオでのインターネット 環境が光のモデムを残してすべて無くなってしまい、無線LANなどが一切なくなってしまった事。

そうなると、活躍するのはiPhoneになるのだが3G回線は遅いし出来るだけWi-Fiを使いたい。
また、Twitterやfacebookのメッセージへの返信なども頻繁にやり取りがある時にはWi-Fiを使いたい。
キーボードも欲しくなる。

仕事の問い合わせへの返答にも困るし、新スタジオのMacProへもアクセスしたいということもあるので、MacbookProを旧スタジオに持ち込んで、引っ越し作業中だけのネットワークを作る事にした。
(moreをクリックすると記事が続きます)


MacだとAirMacカード内蔵の場合そのカードを使って無線LANネットワークを簡単に構築出来る。
やり方は以下の通り。(今の手持ちの機材(MacbookPro Early2007 iPhone3GS OSX10.6)で行っているので、どのくらい以前の機器から出来るのかは知りません。)

1.ネットワークを作成を選択

ネットワークを作成を選択

ネットワークを作成を選択

 

2.名前欄にネットワーク名を入力して、パスワード欄と確認欄に同じパスワードを入力

名前欄にネットワーク名を入力して、パスワード欄と確認欄に同じパスワードを入力

名前欄にネットワーク名を入力して、パスワード欄と確認欄に同じパスワードを入力

3.Macの”環境設定”の”ネットワーク”でAirMacのネットワークを確認し先程作成したネットワーク名になっているか確認する。その際Ethernetがインターネットに接続しているか確認、またはインターネットの接続設定をする。

Macの"環境設定"の"ネットワーク"でAirMacのネットワークを確認し先程作成したネットワーク名になっているか確認する。その際Ethernetがインターネットに接続しているか確認または設定する。

Macの"環境設定"の"ネットワーク"でAirMacのネットワークを確認し先程作成したネットワーク名になっているか確認する。その際Ethernetがインターネットに接続しているか確認または設定する。

4.Macの”環境設定”の”共有”でインターネット共有にチェックを入れる

Macの"環境設定"の"共有"でインターネット共有にチェックを入れる

Macの"環境設定"の"共有"でインターネット共有にチェックを入れる

これでMacbookPro側の作業は終わり。次にiPhone側の接続作業をする。

1.iPhoneの設定を開く。

iPhoneの設定を開く。

iPhoneの設定を開く。

2.Wi-Fiを選択(押して)して開く

Wi-Fiを選択(押して)して開く

Wi-Fiを選択(押して)して開く

3.Wi-Fiを開くと選択出来るネットワークが自動で読み込んで表示されるので、先程MacbookProで設定したネットワークを選択。

 

Wi-Fiを開くと選択出来るネットワークが自動で読み込んで表示されるので、先程MacbookProで設定したネットワークを選択。

Wi-Fiを開くと選択出来るネットワークが自動で読み込んで表示されるので、先程MacbookProで設定したネットワークを選択。

4.パスワードを求められるのでMacbookProで入力したパスワードを記入。

パスワードを求められるのでMacbookProで入力したパスワードを記入。

パスワードを求められるのでMacbookProで入力したパスワードを記入。

5.ネットワークにチェックボックスが表示されればオーケー

ネットワークにチェックボックスが表示されればオーケー

ネットワークにチェックボックスが表示されればオーケー

 

6.設定で選択したネットワークを確認。

設定で選択したネットワークを確認。

設定で選択したネットワークを確認。

以上です。このやり方は、MacProやiMacとiPadやiPodtouchなどでも可能なようです。

どのくらい前の機器で出来るかは不明なのですが、ホテルでWi-Fiが無いけど有線LANならあるという時などには有効な手段だと思います。

ですが、もっと良い方法をご存知の方はぜひご教授下さい。(作成したネットワークの保存すら出来ていないので・・・。)

また、この方法を利用して、実際の仕事で撮影中にEye-Fiカードを併用した撮影内容の確認作業をしています。Eye-Fiカードの方は設定時にちょっとコツがいるのですが、キチンと設定出来ると現場ではカメラを動かさずに撮影内容を確認出来たり、カードの抜き差しが少なくて機器の負担が減るなど利点が多く便利です。

転送速度が遅いので、少ない数の撮影のみ使用しているのですが、この記事が長くなったので、そちらの設定方法などはまたの機会にします。

 


カレンダー

2017年12月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Recent Photos

カテゴリー

最新のコメント

  • いくこ: お仕事ご苦労様です。 私は、フォトショはずーっと6を使っていたので、進化にビ...
  • N-Studio: いくこさんおめでとうございます。と言うか、お久しぶりで...
  • いくこ: おひさしぶりで~す。 ツイッタから来ました。いつのまにやらwordpress...
  • N-Studio: フルサイズ表示は大きすぎた。元のイメージから1200p...
  • N-Studio: 大きいよりは、小さい方が良いか・・?

N-Studioのお気に入り


Back to Top ↑